CoderDojo名古屋

名古屋の7歳から17歳までの少年・少女の為のプログラミング・クラブ

【終了報告】第17回CoderDojo名古屋

開催日時:2016年7月24日(日)13:30~15:30

開催場所:イーブルなごや 第4研修室

今日の一枚

f:id:whomeantan:20160726142204j:plain

概要

前回に続いて、新しく小1の忍者の参加があったので二人にはHour of Codeをやってもらった。一人はマイクラ、一人はスターウオーズがいいという。ちょうど、別々になってよかった。

他の忍者にテーマを聞くと、次のょうだった。

  • クリッカー

  • アドベンチュアゲームでステージクリア、ワープもある

  • 運任せゲーム

どうも、僕はまだ、子どもたちのゲームの言葉がわからない。これだけでは、中身がわからない。ちなみに、運任せゲームは前回の続きである。

Kくんはシャイな子どもでいつも恥ずかしがってしまう。いつも、綺麗な絵を描いてくれる。動きはどうでもいいのかもしれない。

f:id:whomeantan:20160726152003j:plain

作品制作過程

ちびっこメンターのクリッカー、、、マウスでクリックすると借金が減っていくといった感じ。いろんなレベルを設定してあるが、よくわからなかった。いま、SNSを検索するとクリッカーというのがバトルでもあって、ひとつの課題みたいなものらしかった。

Hour of Codeのマイクラくん、前回はパソコンのフィルターで隣でうまく見れなかったので、5問くらいまでだったが、今回はやり直して、全問完成。自由作品では「もう自由自在だ」といって楽しんでいた。スターウオーズの子はゲーム自体がほとんどやってないとの事だったけど、最初、ちょっと一緒にやったら、後半のマウス操作でキャラを動かすとこはほとんど自分でやって完成。ついもっとやりたいとのことでマイクラをやってもらったが、スターウオーズが消えてしまって発表できず、気の毒なことをした。

f:id:whomeantan:20160726154415j:plain

アドベンチャー・ゲームと言った子。

プロジェクターでうまく出ないので、お父さんがパソコンを持って発表してくれた。

f:id:whomeantan:20160726154925j:plain

集合写真。

子どもたちはみんな写真には喜んで参加してくれる。今回も忘れるとこだったけど、呼び戻して写真に入ってもらった。

謝辞

今回のメンターは山吉さん、松田さん、伊藤さん、それに新しく北川さんが加わってくれた。ちょっと若い力で引っ張ってくれることにも期待したい。

また、ちびっこメンターを含めて、7名の子どもたちとその保護者の皆さん、暑い中、有難うございました。

募金

今回は3,000円頂きました。メンターの皆さんでの反省会のお茶代に一部使わせてもらいました。

雑感

あちこちで Hour of Code を使ってきたが、今回、一番有効だったと実感した。ガイダンスでScratchをやると、必ずしも綺麗な作品までできない子もいる。Hour of Codeでは、最後までまじめにやったらそれなりの達成感があるように思えた。今後、積極的に使っていこうと思う。

次回

次回は8月14日、お盆の最中です。忍者さんの応募は定員を超えていますが、メンターさんはどうでしょう。