CoderDojo名古屋

名古屋の7歳から17歳までの少年・少女の為のプログラミング・クラブ

【終了報告】第18回CoderDojo名古屋

開催日時:2016年8月14日13:30~15:30

開催場所:イーブルなごや 中会議室

f:id:whomeantan:20160815230356j:plain

今日の一枚

概要

お盆、真っ最中である。前日のScratchDojoでは参加者が少なかった。ここもメンターの参加が少なく、天白に声をかけたら、3人の人が応募してくれた。こういう関係が成立すればいいのだが。。。忍者の方はあまり関係ないみたいだった。でも、保護者のに影が薄かったのはやはりお盆のせいだろうか。

名古屋では毎回、忍者にやることを考えてもらっている。今回はそれに加えて、進行をメモして貰って、発表に備えてもらった。発表テーマはこんなところである。

  • ワールド ゲーム

  • 上に同じ

  • 画面内をスプライトが自由に動く

  • 格闘技

  • 火の玉大作戦

  • Perfect Human

といったところ。子どもたちはそれなりのイメージが有るのだろう。まずは、これを進行メモに書いてもらった。

f:id:whomeantan:20160815232703j:plain

実習風景

僕はパラパラと見て回っていたが、ある小2の忍者がいつも騒いでいるけれど、隣に密着して座ると、やることのストーリーを一つづつ、キチンと書いて、どうやればいいと聞いてくれた。ついつい、やり方を教える。A4のメモがいっぱいになると、今日のとこは済んだ。という。こういうやり方もありかなと思う。

発表の段階の写真が今回はないが、ワールド・ゲームがシューティングゲームになったり、コント的なものになったり、Perfect Humanの音楽のダウンロードに苦労したりとかあれこれである。

小6の子がはじめてと言って来た。あり・シミュレータを元に作った作品を紹介しておく。立派にできたと思う。いま、見たら、もう、一つ、新しいのを作っていた。

scratch.mit.edu

集合写真

f:id:whomeantan:20160815235318j:plain

謝辞

今日のメンターとして参加してくださった山吉さん、玉井さん、宇津さん、渡邊さん、ちびっこメンターの皆さんと参加忍者の皆さん、有難うございました。

募金

今回も寄付として4,000円頂きました。終了後の反省会、部屋代等に使わせてもらいました。有難うございました。

次回は8月28日にウイルあいち内の愛知NPO交流プラザで行います。キャンセル待ちが多くなっていますがご了承下さい。