CoderDojo名古屋 子供のための無料プログラミング道場

CoderDojo名古屋

CoderDojo名古屋 子供向けの無料プログラミング教室

【第38回例会終了報告】

日時:2017年6月11日(日)13:30~16:00
場所:あいちNPO交流プラザ 会議コーナー2・3

参加 : 13名
メンター&サポーター :宇津、田中さん、西川さん、azennto君、石川さん、ちびっこメンターS君、玉井さん


今回は参加ニンジャも13人と多く、会議室も隣のスペースも借りて2倍の広さで行いました。
西川さん、石川さんは初参加です。新しいメンターが増えてくれるのはより多くのニンジャを受け入れられるようになってうれしいですね。お二人とも子供には慣れている様子で安心です。
学生のazennto君、S君もメンターとして参加です。学生のメンターがだんだん充実してきますね!


さて、今回も基本的に、ペアプログラミングで活動します。1人でじっくり取り組みたいニンジャは1人でプログラミングを行います。 f:id:CoderDojoNagoya:20170618232343j:plain まずは、ペアプログラミングの説明から。 ドライバーはプログラムを書く人、ナビゲーターはそのプログラムを横から見てプログラムがおかしくないか、もっといいアイデアがないかアドバイスする人。 ドライバーは作ろうとする小さな機能をナビゲーターに伝えます。2人の考えがうまく伝わらなかったりよくわからなかったらよく話し合おう。そうしたら、きっと面白いプログラムが出来上がるはず!


今日のお題は、「ぐるぐる」「ペン(scratchで絵を描く機能)」「数」。
みんなで思いつくままアイデアを出してもらいました。 このうち、どれか1つを使ってもいいし、3つとも使ってもいいし、1つも使わなくても大丈夫。 今日の作品のアイデアにつながるでしょうか。 f:id:CoderDojoNagoya:20170618232245j:plain 「数」から1度にたくさんの人の話を聞ける「聖徳太子」を思い浮かぶニンジャもいれば、「ネイピア数(自然対数の底)」を思いつく子もいて、 みんなの発想の広さに驚きます。


A君H君のペア。
ペンでお絵かきするものを作るのだとか。どんな作品に仕上がるかな。 f:id:CoderDojoNagoya:20170618232514j:plain いろいろ悩んでいるご様子。途中で方針変更もアリです。 f:id:CoderDojoNagoya:20170618232700j:plain 作品発表では二人なかよく発表してくれました。 f:id:CoderDojoNagoya:20170619020203j:plain できた作品は、宇宙空間を宝箱がただよいます。今は1つしか動かないけれど、この先は他の宝箱も動く予定です。猫も動かせるようになるかな?星や宝箱に触れるとどうなるのか楽しみですね。 f:id:CoderDojoNagoya:20170619020228j:plain


S君とN君。
S君はお題の「数」を使った作品! N君は格闘もの! 2人の創作性の違いから今回は別々に作ることになりました(笑) f:id:CoderDojoNagoya:20170618232534j:plain f:id:CoderDojoNagoya:20170714145233j:plain

S君はScratch Catが足し算、引き算、掛け算、割り算の問題を出すので、それを人が答えるプログラム。 f:id:CoderDojoNagoya:20170619004131j:plain f:id:CoderDojoNagoya:20170619004610j:plain 計算の問題はだんだん難しくなります。メンターが「乱数を使うと毎回違った問題を作れるよ」と言うと、「だんだん難しくしたいからこのままの問題の順番がいい」のだとか。こだわりです。余計なお世話でした(^^;)

N君はキャラクターを動かしながらビームを発射するプログラムを作ってくれました。 f:id:CoderDojoNagoya:20170619004740j:plain f:id:CoderDojoNagoya:20170619004837j:plain 玉をキャラクターから発射するのはなかなか奥が深いです。メンターと一緒にフローチャートを考えながら作ってくれました。移動も矢印キーを押しっぱなしにした時に入力待ちでかくかく動くのが嫌で滑らかに動かすことにとてもこだわっていました。 f:id:CoderDojoNagoya:20170619004924j:plain


こちらは、RちゃんMちゃん初参加のMちゃんのお友達3人組。 f:id:CoderDojoNagoya:20170618232628j:plain f:id:CoderDojoNagoya:20170618232554j:plain 3人のアイデアを紙に書いてまとめます。さすが上級生! f:id:CoderDojoNagoya:20170618232544j:plain聖徳太子」「スーパーマリオ」「シューティングゲーム」が一つになったものだとか。どうなるの? 人数が多いとアイデアをまとめるのも大変です。3人のアイデアはうまくまとまるんでしょうか。 f:id:CoderDojoNagoya:20170619005154j:plain 相談も真剣です。「聖徳太子は難しい!」ってことで横から近づいてくる敵に弾を当てるプログラムを作ってくれました。 f:id:CoderDojoNagoya:20170619005402j:plain 途中、「弾が当たったのに敵が消えない。なんで?!」という場面もありました。
どうやら弾と敵両方に「当たり判定」を作ったので、敵の当たり判定が動く前に弾の当たり判定が動いて弾が先に消えてしまっていたようです。弾の当たり判定処理から敵を消す「メッセージ」を送ることで解決しました。やったね!
初参加のMちゃんも楽しんでくれたようです。よかった!「ニャリオン!」


H君とチビッコメンターのS君。
H君はいつもこだわりのプログラムを、S君はハイレベルなプログラムを書く二人組。 初めはそれぞれ1人で作るつもりだったけれどアイデアが一致したのか、以前二人で作った敵を次々と倒していく「無双」系のゲームの続きを作ります。完成度がさらに高くなるんでしょうか。 f:id:CoderDojoNagoya:20170618232640j:plain 発表の様子です。 f:id:CoderDojoNagoya:20170619010348j:plain どうやら前回のプログラムを改造し、一つ敵を倒すとその「爆風」で近くの敵も次々倒せるようにしたようです。爽快! 前回は、うっかりしているとあっという間に敵に囲まれてしまっていたけど、うまくゲームらしく工夫しましたね。 f:id:CoderDojoNagoya:20170619010413j:plain ボスはとても強いので、海に落とすと楽なのだとか!!ゲーム性があります!


こちらはEちゃんAちゃんペア。
落ちてくる「ぐるぐる」をキャッチするゲームを作るそうです。初参加からどんどんレベルを上げていく二人。どんな仕上がりになるのでしょうか。 f:id:CoderDojoNagoya:20170618232650j:plain 発表の様子。 f:id:CoderDojoNagoya:20170714145235j:plain 写真ではわかりませんが、船が画面横からなんと前後に揺れながら移動してきます。波に乗っている感じがよく出ています。芸が細かくていいですね。 f:id:CoderDojoNagoya:20170619010841j:plain 船が来るタイミングを狙ってぐるぐるを落とします。船に当たると得点プラス。当たらずに海まで落ちると得点マイナス。作っている最中、船に当たったのになぜか得点が増えない!ことがありました。どうやら、船に当たってプラスした後、落ち続けて海まで落ちてマイナスしていたことに気づきました。うまく解決できましたね!


K君とK君
お得意のスーパーマリオのようなアクションゲーム。 こちらも二人で作る予定が。。。? f:id:CoderDojoNagoya:20170618232710j:plain

f:id:CoderDojoNagoya:20170619012217j:plain それぞれ独自路線で行くようです(笑)

K君は予定通り横スクロールアクションゲームを作ってくれました。 f:id:CoderDojoNagoya:20170717162102j:plain なかなかスーパーマリオのようなアクションゲームに仕上がりました。
クリア画面も用意されています。 f:id:CoderDojoNagoya:20170619012821j:plain

もう一方のK君は前回発表の続き、とりのずかん f:id:CoderDojoNagoya:20170619014431j:plain f:id:CoderDojoNagoya:20170619014441j:plain f:id:CoderDojoNagoya:20170619014237j:plain 新しい鳥の写真も増えていました。全部自分で撮影したらしいですよ!
「撮影が難しいのは?」との質問には「すずめはじっとしてくれないから難しい」のだとか。動物園の鳥よりも野生の鳥のほうが難しいようです(笑)


K君とメンターのazennto君。
f:id:CoderDojoNagoya:20170618232720j:plain K君はまだ参加間もないけれどすっかり楽しんでくれている様子。azennto君はCoderDojo天白でメンターをしていましたが、日程の都合などからCodoerDojo名古屋のほうにも来てくれるようになりました。
ぐるぐると並んだ玉をそろえると消えるパズルゲームを作るようです。なんだか難しそう。
f:id:CoderDojoNagoya:20170618232808j:plain いろいろ試行錯誤して作ってくれたようです。 f:id:CoderDojoNagoya:20170619015146j:plain f:id:CoderDojoNagoya:20170619014921j:plain 黒いものが迷路の中のようなものをぐるぐる動いていくのを見せてくれました。これがどんな色の玉に触れたかで、どんな玉が並んでいるのかを判定しようとしていたのだとか。完成はしていないそうですが、見た目よりもずっと難しいことをしようとしていたようです。azennto君のアイデアかな?K君ついてこれたかな?!


それではまた次回CoderDojo名古屋で会いましょう!


募金額:4,000円 ありがとうございました。


記:CoderDojo名古屋チャンピオン 宇津 義一